鎌倉土産物店
第6話『中学時代の話』
第三回 2017.11.13
「睦城」
 ある日、侑がそれまで苗字で呼んでいたのに、名前で呼んだ。
 どんな心境の変化があったのだろう?
 それまでは頑なに拒んでいたのに。
「江ノ電の定期、いつまである?」
「月初まで」
「定期切れたら歩いていかないか?学校」
 家から学校まで、歩くと30分くらいある。
つづく