鎌倉土産物店
第6話『中学時代の話』
第七回 2017.11.17
「侑」
「ん?」
「…触りたい。」
「なにを?」
「侑の…あれ。」
 侑が、真っ赤になった。
 暫く俯いていたけど「いいよ。でも睦城のも触らせろよ。」と、囁いた。
 卒業までに三回、互いに触って、出した。
つづく